*

エストロゲン

エストロゲン

月経や妊娠、女性らしい体作りや骨の新陳代謝など、特に女性の健康を守る上で欠かせないホルモン。

卵巣や胎盤など女性特有の臓器でたくさん作られるが、副腎など男女ともにある臓器でも少量が作られるため、男性の体内でも働いている。女性では月経周期に合わせて血液中の量が変動しており、月経後から排卵前に量が増える。

閉経するとあまり作られなくなり、ホルモンバランスの乱れから、のぼせやイライラ感などの更年期障害の諸症状が現れる

なお、エストロゲンと似た形をしていて、エストロゲンと同じような働きをする物質がいくつか見つかっている。

大豆などに含まれるイソフラボンはその代表格。これらを植物エストロゲンと呼ぶ。



関連記事

エピガロカテキンガレート(EGCg)

エピガロカテキンガレート(EGCg) お茶ポリフェノールであるカテキンの成分の一つで、カテキン

記事を読む

HDLコレステロール(HDL-C)

HDLコレステロール(HDL-C) 末梢(まっしょう)組織壁やコレステロールを多く含む細胞から

記事を読む

エスターC

エスターC 体に吸収されやすいように加工されたビタミンC。 pHは中性に近く、胃への刺激

記事を読む

エピガロカテキン

エピガロカテキン 緑茶に含まれるポリフェノール成分であるカテキンの一つ。

記事を読む

L-55乳酸菌

L-55乳酸菌 学名Lactobacillus acidophilus strain L-55

記事を読む

SMCS

SMCS アブラナ科やネギ科の野菜に含まれる含硫アミノ酸。 ヒト試験で、ブロッコリーとキ

記事を読む

N-アセチルグルコサミン

N-アセチルグルコサミン アミノ糖の一つ。カニやエビの殻に含まれる成分「キチン」を酵素分解して

記事を読む

L-カルニチン

L-カルニチン 脂肪からエネルギーを取り出すための必要な成分。 L体とD体という2種類の

記事を読む

エゴマ

エゴマ 学名Perilla frutescens。シソ科の一年草で、香辛野菜の「シソ」の変種。

記事を読む

エナジーシグナルAMP

エナジーシグナルAMP 大塚製薬が開発し、2004年10月に「メラニンの蓄積をおさえ、しみ・そ

記事を読む



PAGE TOP ↑