*

黄杞茶(こうきちゃ)

黄杞茶(こうきちゃ)

中国南部の広東省などの山中に自生する、クルミ科の常緑高木である黄杞(学名Engelhardita chrysolepis)の葉が原料のお茶。

ほのかな甘みがあり、昔から甘茶と称され飲用されてきた。

体脂肪の分解を促すサイクリックAMPの働きを強めるダイエット作用や、抗アレルギー作用などがあるとされる。

有効成分としてポリフェノールの一種アスチルビンが知られる。



関連記事

黒糖

黒糖 サトウキビを皮ごと搾り、その汁を煮詰めて固めたもの。黒砂糖のこと。 精製した白砂糖

記事を読む

高麗(こうらい)ニンジン

高麗(こうらい)ニンジン 学名Panax ginseng。ウコギ科の薬用植物。 ジンセン

記事を読む

高度(多価)不飽和脂肪酸

高度(多価)不飽和脂肪酸 脂肪を固まりにくくする特殊な結合(二重結合)を2つ以上持った脂肪酸。

記事を読む

香蘇散(こうそさん)

香蘇散(こうそさん) <<漢方>> 香附子(こうぶし)、紫蘇(しそ=

記事を読む

コーヒー

コーヒー 学名Coffea arabica。豆を焙煎してお湯で抽出した飲料がコーヒーとして広く

記事を読む

ゴールデンシール

ゴールデンシール 学名Hydrastis canadensis。北米原産のキンボウゲ科植物。ヒ

記事を読む

鯉(こい)抽出物食品

鯉(こい)抽出物食品 (財)日本健康・栄養食品協会(略称JHNFA)が安全性などの規格基準を設

記事を読む

コウジ酸

コウジ酸 日本酒や味噌などの醸造に使われる。麹(こうじ)の培養発酵液に含まれる成分。 日

記事を読む

コーヒー豆マンノオリゴ糖

コーヒー豆マンノオリゴ糖 コーヒーを抽出した後のコーヒー豆に含まれるマンナンを、熱加水分解した

記事を読む

酵母食品

酵母食品 (財)日本健康・栄養食品協会(略称JHNFA)が安全性などの規格基準を設けている健康

記事を読む



PAGE TOP ↑