*

機能性食品

機能性食品

健康機能を高めた食品。1984年に始まった文部省(現・文部科学省)の特定研究「機能性食品の系統的解析と展開」で、食品の第1の機能である栄養素、第2の機能であるおいしさなどの嗜好性に続く、第3の機能として体調調節機能の研究が本格的に始まり、機能性食品という呼び名が広まった。

しかし、日本では「機能」は薬事法で規定される医薬品の範疇とされ、食品の分類名に「機能」という名称は使えなかった。そのため、機能性食品の研究成果をもとに厚生省(現・厚生労働省)が制度化した名称は特定保健用食品と決められた。

厚生労働省が食品の分類名として「機能」を認めたのは2000年新設の「保健機能食品制度」が初めて、87年度の「厚生白書」で機能性食品の概念説明が図解掲載されてから13年、厚生省生活衛生局長の私的検討会である機能性食品検討会が90年に発足して報告書をまとめてから10年を要した。



関連記事

キャラウェイ

キャラウェイ 学名Carum carvi。和名はヒメウイキョウで、セリ科の二年草。紀元前から香

記事を読む

キチン

キチン カニやエビの殻、イカの軟骨、昆虫の外皮などに含まれる不溶性の食物繊維。 化学処理

記事を読む

行者ニンニク

行者ニンニク 学名Allium victorialis。ユリ科の多年草で、タマネギやニンニクな

記事を読む

キナ酸

キナ酸 キナノキの皮やコーヒーの種子、クランベリーの実などに含まれている酸。 クランベリ

記事を読む

共役(きょうやく)リノール酸(CLA)

共役(きょうやく)リノール酸(CLA) サフラワー(ベニバナ)やヒマワリの種子から抽出して作ら

記事を読む

キク芋

キク芋 学名Helianthus tuberosus。北米が原産地のキク科の多年草。根の先端が

記事を読む

キヌア

キヌア 学名Chenopodium quinoa。南米のベルーやボリビアの高地に自生するアカザ

記事を読む

魚油

魚油 魚に含まれる油のこと。ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)という

記事を読む

キナノキ

キナノキ 学名Cinchona pubescens(Cinchona succirubraとも

記事を読む

帰脾湯(きひとう)

帰脾湯(きひとう) <<漢方>> 体のエネルギーである「気」と「血」

記事を読む



PAGE TOP ↑