*

AHCC

AHCC

キノコの菌子体を長時間培養として生産する機能性食品。札幌市のアミノアップ化学が製品化している。

β-グルカンより分子量の小さい、部分的にアセチル化されたα-グルカンが主成分とされる。

免疫に関与するインターロイキン12の産生促進、ナチュラルキラー(NK)細胞の活性化などの機能があり、抗がん作用が報告されている。

肝細胞がん手術5年後の生存率20%高める効果があることが論文発表されている。

がん化学療法時の副作用軽減作用も認められている。



関連記事

エキナシア

エキナシア 学名Echinacea purpureaなど。北米原産のキク科の多年草。アラビノガ

記事を読む

エストラジオール

エストラジオール 女性ホルモンであるエストロゲンの一種。 子宮内膜、子宮筋に対する生理学

記事を読む

LG21乳酸菌

LG21乳酸菌 学名Lactobacillus gasseri OLL 2716。プロバイオテ

記事を読む

LKM512

LKM512 学名Bofidobacterium animalis subsp. lactis

記事を読む

N-アセチルグルコサミン

N-アセチルグルコサミン アミノ糖の一つ。カニやエビの殻に含まれる成分「キチン」を酵素分解して

記事を読む

栄養機能食品

栄養機能食品 2001年から始まった、サプリメントや食品を対象にした日本の表示制度。 基

記事を読む

MBP

MBP Milk Basic Proteinの略。有産基性たんぱくのこと。ホエリに含まれる複数

記事を読む

NKCP

NKCP 納豆菌が作り出した物質を精製し、納豆特有のにおいやビタミンK2を減らしたもの。

記事を読む

エイコサペンタン酸(EPA)

エイコサペンタン酸(EPA) 魚油に含まれる成分で、必須脂肪酸であるn-3系脂肪酸(オメガ3脂

記事を読む

LGG乳酸菌(LGG)

LGG乳酸菌(LGG) 学名はLactobacillus rhamnosus strain G

記事を読む



PAGE TOP ↑