*

ケープアロエ

ケープアロエ

学名Aloe feroxなど。南アフリカ原産のユリ科の植物。

葉液ははヨーロッパや日本で、お通じを良くする薬として昔から使われてきた。

有効成分であるアロイン(アントロン配糖体)やアロエエモジン(アントラキノン誘導体)が多く、どちらも腸内細菌の働きでお通じを促す成分に変化する。

効果がかなり強いので、使いすぎに注意が必要。



関連記事

決明子(けつめいし)

決明子(けつめいし) <<漢方>> マメ科のスグサの成熟種子。日本で

記事を読む

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) <<漢方>> 婦人科で用いられる

記事を読む

KW乳酸菌

KW乳酸菌 学名Lactrocacillus paracasei KW3110。 プロバ

記事を読む

ケルセチン

ケルセチン タマネギや緑茶、リンゴなどに多く含まれる水溶性の黄褐色の色素成分。プロポリスやイチ

記事を読む

健康増進法

健康増進法 高齢化の進行と生活習慣病を増加という社会背景を受け、国民の健康の向上を目的とした事

記事を読む

健康補助食品

健康補助食品 (財)日本健康・栄養食品協会(略称JHNFA)が「dietary supplem

記事を読む

解毒

解毒 体内に入った有毒物質の毒性を除くこと、あるいは毒性の低い物質の変えることが本来の意味。有

記事を読む

ケフィア

ケフィア ケフィア粒(グレイン)と呼ばれる乳酸菌と酵母の特殊な発酵種を用いて作る発酵乳。ケフィ

記事を読む

「健康食品」の安全性・有効性情報

「健康食品」の安全性・有効性情報 独立行政法人国立健康・栄養研究所がホームページ(http:/

記事を読む

健康日本21

健康日本21 厚生省(現・厚生労働省)が2000年4月から始めた「21世紀における国民健康づく

記事を読む



PAGE TOP ↑