*

アプレシエ(APPS)

アプレシエ(APPS)

親油性を与えた新しいタイプの水溶性ビタミンC誘導体。

全成分表示名は「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」。
昭和電工の登録商標で、化粧品原料として販売。

ビタミンCやその誘導体は、多くが水溶性だが、アプレシエは、油にも水にもなじむため、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ皮膚への浸透力が高く、深部の真皮まで浸透する。

そのため、美白作用以外に、真皮内で発生する活性酸素を除去し、シワの原因となるコラーゲンへのダメージを抑える効果がある。



関連記事

ALA(アラ)

ALA(アラ) 動植物の生体内に含まれるアミノ酸の一種。食品では日本酒やワイン、酢などに多く含まれ

記事を読む

蟻(あり)

蟻(あり) 中国では古くから食用にされていたとされる。 自分の体に比べてはるかに重いものを運ぶこ

記事を読む

アキノワスレグサ

アキノワスレグサ 別名クワンソウ。学名Hemerocallis fulva var.semperv

記事を読む

アニス

アニス 学名Pimpinella anisum。西アジアから地中海地方原産のセリ科植物。 種子を

記事を読む

アンチエイジング

アンチエイジング 老化を防ぎ、若返りを促す「抗老化」のこと。 シミ、シワを消すという皮膚の若

記事を読む

赤ブドウ葉

赤ブドウ葉 ワイン用赤ブドウの葉のこと。 紫色の色素成分であるアントシアニンや、強い抗酸化力

記事を読む

α-リポ酸

α-リポ酸 別名、チオクト酸。野菜や肉にも多く含まれる成分で、糖分からエネルギーを作り出す過程

記事を読む

アーティチョーク

アーティチョーク 学名Cynara scolymus。和名はチョウセンアザミ。地中海原産のキク科の

記事を読む

アルカロイド

アルカロイド 植物組織中にある、窒素を含むアルカリ性の化合物の総称。数千種類あるとされる。

記事を読む

アセロラ

アセロラ 学名Malpighia emerginata DCなど。中南米や西インド諸島原産の果物。

記事を読む



PAGE TOP ↑