*

ギャバ(GABA)

ギャバ(GABA)

γ-アミノ酪酸の略称。哺乳動物の脳に多く存在するアミノ酸。

脳の血流を改善する作用が知られ、日本では脳代謝を賦活するのみ薬として実用化されている(1日3000mg)。

発芽玄米に多く含まれ、サプリメントのギャバは、米ははい芽やカボチャなどから作られる。

1日に20~50mg程度でも、血圧を下げ、イライラを解消する効果が確認されている。寝つきを良くし、深い眠りを導く効果も期待されている。

ギャバを含む商品が「γ-アミノ酪酸(GABA)を含んでおり、血圧が高めの方に適する」というトクホ(特定保健用食品)の表示許可を取得している。

ギャバの含有量を高めたギャバロン茶やチョコが商品化されている。



関連記事

ギンコライド

ギンコライド 血流を改善する効果がある、イチョウ葉エキスに特有の成分。 血相版の凝集や血

記事を読む

キサントン

キサントン マンゴスチンの果皮などに含まれるポリフェノールの一種。 抗酸化作用、抗菌、殺

記事を読む

キダチアロエ食品

キダチアロエ食品 (財)日本健康・栄養食品協会(略称JHNFA)が安全性などの規格基準を設けて

記事を読む

キャッツクロー

キャッツクロー アカネ科にツル植物で、アマゾン地域に自生する。 葉の付け根部分にネコの爪

記事を読む

グルタチオンペルオキシダーゼ(GPX)

グルタチオンペルオキシダーゼ(GPX) 体内で生じた活性酸素を解毒化する酵素の一つ。ミネラルの

記事を読む

キャラウェイ

キャラウェイ 学名Carum carvi。和名はヒメウイキョウで、セリ科の二年草。紀元前から香

記事を読む

キナノキ

キナノキ 学名Cinchona pubescens(Cinchona succirubraとも

記事を読む

キダチアロエ

キダチアロエ 学名Aloe arborescens。南アフリカ原産のユリ科植物。 アロエ

記事を読む

キヌア

キヌア 学名Chenopodium quinoa。南米のベルーやボリビアの高地に自生するアカザ

記事を読む

金銀花(きんぎんか)

金銀花(きんぎんか) <<漢方>> スイカズラ(学名Lonicera

記事を読む



PAGE TOP ↑