*

ガルシニア

ガルシニア

学名Gatcinia cambogiaなど。南アジア原産のオトギリソウ科の植物ガルシニア・カンボジアのこと。果実から抽出したエキスがサプリメントなどに用いられる。

果皮に含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)が、ATPクエン酸リアーゼの活性を阻害するなどの作用により、ガルシニアエキスには体脂肪の蓄積を抑制する効果があることが知られている。

有酸素運動の30分以上前にとると、脂肪の燃焼を高める効果を得やすい。

1日量はHCAに換算して750~1500mg程度(ガルシニアエキスとして1.5~3gに相当)。

厚生労働省は、ラットの試験で精巣への影響が認められたことから、ガルシニアの過剰摂取を控える旨の注意喚起を行うよう2002年3月7日、関係団体に通知した。



関連記事

カルノシン

カルノシン β-アラニンとL-ヒスチジンからなる、二つのアミノ酸がつながったペプチド。イミダゾ

記事を読む

加水分解コラーゲン

加水分解コラーゲン 1000個以上のアミノ酸が結合したコラーゲンをたんぱく質分解酵素などで加水

記事を読む

還元型コエンザイムQ10

還元型コエンザイムQ10 コエンザイムQ10には酸化型と還元型があり、還元型は体内に存在する形

記事を読む

ガラナ

ガラナ 学名Paullinia cupana。アマゾン川流域原産の蔓植物。ムクロジ科ガラナ属に

記事を読む

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖 腸のビフィズス菌を増やすプレバイオティクス効果のあるオリゴ糖の一つ。

記事を読む

カイネチン

カイネチン シワを薄くするなど皮膚のアンチエイジング効果があるとされる成分。 もともとは

記事を読む

ガンマ-リノレン酸含有食品

ガンマ-リノレン酸含有食品 (財)日本健康・栄養食品協会(略称JHNFA)が安全性などの規格基

記事を読む

カプサイシン

カプサイシン トウガラシの辛み成分。 殺菌や体温上昇、興奮、健胃などの作用がある。ダイエ

記事を読む

カルダモン

カルダモン 学名Elettaria cardamomum。インドやグァテマラなどで広く栽培され

記事を読む

カゼインホスホペプチド(CPP)

カゼインホスホペプチド(CPP) 牛乳のたんぱく質の一つ。カゼインが分解される過程でできる、ア

記事を読む



PAGE TOP ↑