*

ガルシニア

ガルシニア

学名Gatcinia cambogiaなど。南アジア原産のオトギリソウ科の植物ガルシニア・カンボジアのこと。果実から抽出したエキスがサプリメントなどに用いられる。

果皮に含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)が、ATPクエン酸リアーゼの活性を阻害するなどの作用により、ガルシニアエキスには体脂肪の蓄積を抑制する効果があることが知られている。

有酸素運動の30分以上前にとると、脂肪の燃焼を高める効果を得やすい。

1日量はHCAに換算して750~1500mg程度(ガルシニアエキスとして1.5~3gに相当)。

厚生労働省は、ラットの試験で精巣への影響が認められたことから、ガルシニアの過剰摂取を控える旨の注意喚起を行うよう2002年3月7日、関係団体に通知した。



関連記事

ガゼイ菌(NY1301株)

ガゼイ菌(NY1301株) 学名Lactobacilles casei NY1301。生きて腸

記事を読む

カバカバ

カバカバ 学名Piper methysticum。ポリネシアの島々に自生するコショウ科の植物。

記事を読む

花粉食品

花粉食品 (財)日本健康・栄養食品協会(略称JHNFA)が安全性などの規格基準を設けている健康

記事を読む

海洋深層水

海洋深層水 水深200~300mより深いところにある海水のこと。 太陽光線が届かないため

記事を読む

甘草(かんぞう)

甘草(かんぞう) 学名Glycyrrhiza glabra。マメ科の多年草。西洋ではリコリスと

記事を読む

カシス

カシス 学名Ribes nigrum。ユキノシタ科の低木で、和名はクロフサグリ。ブラックカラン

記事を読む

カルニチン

カルニチン 脂肪からエネルギーを取り出すために必要な成分。 L体D体という2種類の構造(

記事を読む

ガック

ガック 学名Momordica Cochinchinensis。和名はナンバンカラスウリ。ウリ

記事を読む

カイネチン

カイネチン シワを薄くするなど皮膚のアンチエイジング効果があるとされる成分。 もともとは

記事を読む

カプシエイト

カプシエイト 「CH-19甘」という品種のトウガラシから抽出された成分。 カプサイシンと

記事を読む



PAGE TOP ↑