*

α-リポ酸食品

α-リポ酸食品

(財)日本健康・栄養食品協会(略称JHNFA)が安全性などの規格基準を設けてい健康補助食品の一つ。

腎臓、心臓、脳などの動物組織内、また、ホウレン草、トマト、ブロッコリーなどの野菜にも少量存在し、別名チオクト酸とも呼ばれる。

α-リポ酸は自然界にはごく微量しか存在しない。

そのため、主に化学合成の生産技術を用い製造した後、分離・精製を行って粉末とした、α-リポ酸を96%以上含むα-リポ酸末を主原料とし、ほかの原材料を加えて食用に適するよう加工したもので、α-リポ酸を100g中1g以上含有するもの(カプセル型は被包を除いて内容量100g中1g以上含有、半固形状または液体は100g(100ml)中に0.01g以上含有)を「α-リポ酸食品」という。

1日の目安量は当分の間設定しない。



関連記事

アシタバ

アシタバ 明日葉、学名Angelica keiskei。セリ科の多年草で別名はハチジョウソウ(八丈

記事を読む

アルギニン

アルギニン 成人では非必須だが、幼児では体内の合成速度が十分でないため必須アミノ酸と位置付けられて

記事を読む

アプレシエ(APPS)

アプレシエ(APPS) 親油性を与えた新しいタイプの水溶性ビタミンC誘導体。 全成分表示名は

記事を読む

アラニン

アラニン 体内で合成できる非必須アミノ酸。味はわずかに甘い。 運動時に筋肉から放出され、肝臓

記事を読む

アンセリン

アンセリン ヒスチジンとアラニンという二つのアミノ酸が結合したもの。カツオやマグロの赤身に多く含ま

記事を読む

アーティチョーク

アーティチョーク 学名Cynara scolymus。和名はチョウセンアザミ。地中海原産のキク科の

記事を読む

アンジェリカ

アンジェリカ 学名Angelica archangelica。セリ科の多年草で、茎を料理に、根を薬

記事を読む

アントシアニン

アントシアニン 紫色の色素成分で、ポリフェノールの一種。アントシアニジンに糖がついた形。 抗

記事を読む

アロエ

アロエ 多肉の薬用植物として知られ、種類も多い。日本ではキダチアロエとアロエベラがよく栽培されてい

記事を読む

α-カロテン

α-カロテン ニンジンや橙・黄ピーマンなどの緑黄色野菜に含まれている色素。 β-カロテンと同

記事を読む



PAGE TOP ↑